Home » [2024] 最適なクラウドストレージプロバイダー

[2024] 最適なクラウドストレージプロバイダー

最適なクラウドストレージプロバイダー

クラウドストレージとは?

クラウドストレージとは、データを格納するためインターネット上に設置されたスペースです。クラウドストレージを使えば、USBフラッシュメモリなど物理的な保存用ストレージを使用しなくてもデータの保存が可能性です。さらに、いつでも、どこでも、クラウドにアップロードファイルにアクセスできます。

クラウドストレージにファイルを保存するのは、多くの利点があります。パソコンだけでなく、インターネットに接続されたタブレットやスマホからでもアクセス可能です。 もう一つの素晴らしい機能はバックアップです。ファイルをクラウド上でバックアップすれば、スマホを紛失したり、パソコンが壊れたりしても、ファイルが消えることはありません。

2023年の統計によると、データ作成が急増しており、ローカルストレージに保存しなければならないファイル数に追いつけないほど指数関数的な成長を続けています。そこで、pCloudのようなクラウドストレージサービスは16TB以上のストレージスペースを提供するため、競合他社に差をつけることができるのです。

クラウドを利用するのは当然ですが、どのサービスにしようのか難しいです。クラウドプロバイダーを選ぶ時、自分自身のニーズ合わせる特徴を探したらいいです。

インターフェース:ユーザーフレンドリーですか。

特徴:直感的に使えますか。

機能設計:サービスを完全に活用できますか。

小さな学習曲線:すぐに使い始められますか。

データ損失の防止:ファイルの復元や古いバーションへの差し戻しできますか。

ファイルのアクセスの簡単さ:サービスを利用する時にファイルをアクセスできるか、又は、最初に、ローカルにダウンロードする必要がありますか。

共有可能なリンク:特定のファイルのリンクを共有することができ、時間を節約することができますか。

プライバシーとセキュリティ:クラウドサービスの中には、より多くの機能を提供することを目的として、セキュリティーちプライバシー妥協し、その設計に準拠していないものがあります。

バックアップオプション:いつ、どのように、ご自身のファイルは自動的にバックアップされ、同期されるのですか。このプロセスをコントロールができますか。

スピードとサイズの制限:クラウドの最大の目的は「いつでも、どこでも、どんなデバイスからでも、どんなファイルでも転送できる」ことに反して、特定の限定に対処しなければなりません。

プランの価格:クラウドストレージはデジタル作業を最適化し、情報を保護しながら、生活を向上させることを目標としています。そのためには、費用対効果の高い支払い方法を選択する必要があります。

データセンターの位置:国によって、データ保護やプライバシーに関する法律が厳しいほど、その企業の信頼性は高くなります。例えば、スイスは最も厳しい法律で知られています。

対応デバイスとOS:クラウドサービスはどのOSでも動作するのか、それとも限られたプラットフォームしか対応していないのですか。

無料なアカウントをすることで、簡単にサービスに慣れることができます。ご自身に合った製品を選ぶ時の一つの選択肢です。オンラインレビューは時に偏見を持たれる可能性があります。そこで、2023年の最新版として、最も信頼できるクラウドストレージプロバイダーTOP 10をまとめました。Google Drive, DropBox, pCloud、One Drive、iDriveがふくめ含まれており、どれも、安全にバックアップすることができます。それぞれのメリットとデメリットがあります。この記事を読むことで、どのプロバイダーがご自身の期待に応えられそうか、特徴や差別化をアピールすることができます。

pCloud

pCloudはスイスを拠点とし、高いセキュリティとプライバシーを提供し、使いやすいインターフェイスを持っています。複数のOSに対応しているpCloudは、同期、自動バックアップ、お客様側の暗号化など、多くの機能を備えています。pCloudはすでにヨーロッパでは有名なサービスになっており、世界中で1,700万人のユーザーを獲得しております。日本語でのお問い合わせ対応など、きめ細やかなサポート提供によりユーザーの支持を集め、2023年1月までには7万人の日本人ユーザーを達成致しました。
最大の特徴は買い切り型のプランです。最初に1回支払えば、一生使用できます。長く使えば使うほどお得になります。無料版は最大10GBですが、友達を推薦したら、20までアップグレードできます。有料版では500GB、2TB、10TBの3つの容量が選べます。

pCloudのLifetime買い切りプランの場合

  • Premium 500 GBで99.99ドル
  • Premium Plus 2 TBで399ドル
  • Custom 10TBで1190ドル

となります。

現在、生涯使えるクラウドストレージのトップセールはpCloudの10TBで1190ドルであり、5000ドル以上節約できます。

2TBで月額9.99ドル、年額99ドルなど、お得なサブスクリプションも用意されています。もちろんサブスク型は、初期費用が安価で、いつでも気軽に解約できるといったメリットがありますが、長期利用には不向きであり、更新の度に値上がりが発生するかもしれない、といった不安があります。

他社のクラウドサービスと比べて同等料金か、ストレージ容量によっては安くなります。pCloudのWeb インターフェイスとクライアント ソフトウェア(MacOS、iOS、iPadOS、Linux、Android、Windows)からアクセスできます。

ご自身のファイルの安全性を保証するために、pCloudはTLS/SSL暗号化技術を使って、お客様の端末からpCloudのサーバに情報を転送する時に適用しています。 pCloudでは、データの機密保護を最優先して、第一級の安全対策を施すように最善を尽くしています。pCloudでは、安全性の高いストレージ領域にある少なくとも3つのサーバロケーションにお客様のファイルを保管します。 オプションで、pCloud Cryptoにサブスクライブして最も大切なファイルを暗号化し、 パスワード保護することもできます。pCloudがクライアント側の暗号化を提供していて、サーバ側の暗号化との違いは、お客様以外に誰も複合化キーを持っていないことです。pCloud Cryptoを150ドルで生涯使用することができます。

pCloud DriveはpCloudのもう一つの素晴らしい特徴です。ドライバーを使えば、パソコンの空き容量を最大10 TBまで拡張できます。 クラウド上のファイルをローカル保存と同じように利用でき、ハードディスクの容量を消費しません。

pCloudの長所は以下通りです。

①費用対効果の高い価格

②ゼロナレッジの暗号化

③高速な同期

④統合なメディアプレーヤー

⑤ライフタイムプランのオプション

⑥ネーティブオーディオプレーヤー

⑦携帯電話のバックアップ

pCloudの短所は以下通りです。

①暗号化には別途費用がかかります

②ドキュメントの統合がありません。

Dropbox

DropBoxを2位に挙げたのは恣意的な判断ではありません。2007年にクラウドストレージという現象を主流にしたのは彼らであり、ユーザー様がこれほどまでに必要としていると思っても見なかったものを提供したのです。Dropboxはクラウドストレージおよびファイル同期サービスの代表的なプロバイダーです。アメリカで創業され、現在は世界中で利用されています。DropBoxはその地位を効果的に固め、当初から使いやすさとユーザーフレンドリーなインターフェースで有名でした。その主な利点の一つは、Microsoft Package、Adobe、さらにはZoomなど最も使用されているサードパーティ製アプリケーションのシームレスな統合が付属していることです。これにより会議をスケジュールしながら、ファイルを共有することが非常に容易になります。コラボレーション機能へのアクセスは、チームや、企業にとって素晴らしい選択肢となります。

クラウドストレージの祖父であるにもかかわらず、ユーザー様はより安い、あるいは最新の代替手段を探すかのように、プロバイダーを乗り換えていると言われています。しかし、現実には、DropBoxは数億人のユーザー様を抱えているが、その多くは他のプロバイダーを探した方が良いのかもしれません。その理由の一つは、長年にわたって、高騰し続けた価格設定です。昔は、高価なクラウドストレージとして当然成長してきたかもしれないが、現在の競合に追いつくことは常に、極めて重要な課題です。

DropBoxユーザーコミュニティでの調査によると、生産性の高い使い方では、Google Driveに負けています。セキュリティ、ファイル共有、総合的な物価を考えると、pCloudとSync.comがより良い選択肢といえます。

Dropboxには、個人ユーザー向けのBasicプラン、ビジネスユーザー向けのProおよびBusinessプランの3つのプランがあります。Basicプランは無料で、2GBのストレージスペースが提供されます。ProおよびBusinessプランは有料で、より大きなストレージスペースや追加の機能が提供されます。PC、Mac、スマートフォン、タブレットなど、様々なデバイスで利用できます。また、複数のデバイス間でのファイルの同期も簡単に行うことができます。

Dropboxの一般的な用途としては、大切なファイルのバックアップ、チーム間でのファイル共有、リモートワークなどが挙げられます。また、ドキュメント編集やワークスペースの管理などのビジネス向けの機能も提供されています。主な利点の一つは他のプラットフォームやデバイスと手のかからない統合で、ユーザーがどこからでも簡単にファイルをアクセスできます。

前のプロバイダーと比べると、欠点の一つは無料なストレージは2GBしか無いことです。ユーザーが多くのストレージを得るために、有料なプランにアップグレードする必要です。さらに、DropBoxの有料プランの価格は他社クラウドストレージプロバイダーと比べると、少し高めと言えます。2TBのプランは11.99ユーロ/月で、  119.88 ユーロ /年となります。9.99ユーロ/月で1TBから始まり、99ユーロ/年という選択肢もありますが、無料と通常のプレミアムユーザーにはスマートシンク(pCloud Driveに類似)は用意されていません。同じ価格で、pCloud2TBを提供し、容量は2倍になります。

Dropboxのもう一つの欠点はプライバシーです。第三者のサーバーに保存されたデータの安全性やプライバシー、企業のデータ保持・共有ポリシーについて心配する人もいるかもしれません。

DropBoxの長所は以下通りです。

①豊かな追加の機能

②数千のアプリケーションとの統合

③高速なアップロード速度

DropBoxの短所は以下通りです。

①価格が高い

②シンプルなサービスが複雑化しすぎています

③テクニカル/カスタムサポートの不足

Google Drive

Google ドライブはGoogleにアカウントを作成すると、利用できるファイルを保存や同期などの道具です。すでに、知らないうちに使っているかもしれません。作成したクラウドストレージプロバイダーの中で、コラボレーション機能に勝っていて非常に有効なコラボレーション道具ですが、同期、保存、バックアップに関しては、それほど努力ではありません。さらに、Googleの製品であるため、ユーザーは自分の行動を追跡される可能性があります。Google Workspaceアプリの努力な統合を持ち、MacOS、Windows、Android、iOSなど、ほとんどのOSと対応だけでなく、様々なファイル共有オプションを提供します。しかし、プライバシー保護が不十分であるため、ユーザーがより良い選択肢を常に探すようになりました。

Googleドライバは、15GBのストレージを無料で提供しています。さらに、複数有料のプランも提供し、最大30TBのストレージが取得できます。2TBプランは、月額9,99€または年額99.99€で購入できます。

 

Google ドライブはGmailやGoogle Photosなど、他のGoogleサービスと統合されており、ファイルの共有や会議のスケジュール設定が簡単に行えます。企業にとって素晴らしい道具であることが証明されています。しかし、アップロードとダウンロードの速度に影響を与えるブロックレベルの同期、共有リンクにパスワードを設定する可能性、共有と帯域幅の統計はまだ改善されていません。

新規クラウドストレージプロバイダーは選択肢同期とブロックレベル同期を両方でファイルを転送を強化していますが、前者はGoogle Driveに存在しません。これは、アップロードとダウンロードの速度を影響を与える可能せがあります。ファイルは共有リンクでシェアできますが、カスタマイズにー定の不足があります。共有リンクにパスワードを設定したり、共有数の統計を取るのが大事ですが、まだ改善する必要があります。

Google ドライブの長所は以下通りです。

①豊かな無料なストレージ

②優れたコラボレーション

③デスクトップ間のファイル同期機能

④多くのサードパーティとの統合

⑤クロスプラットフォームアプ

Google ドライブの短所は以下通りです。

①共有ファイルのパスワード保護がありません

②プライバシーの心配

③ブロックレベル同期がない

④関連する全ての機能に複数のアプリを使う必要

Tresorit

Tresoritはヨロッパを拠点とし、クラウドストレージプロバイダーです。安全にも関わらず、Tresorit が一般的なユーザに高すぎるかもしれません。セキュリティとプライバシーに投資したい企業をTresoritの主なターゲットです。無料なストレージがなし、有料なプランは1TBが11.99 € /月、又は、119.88 € /年となります。

Tresoritが安全である理由の一つは、ファイルが暗号化されているからです。WindowsまたはMac OSにインストールされたローカルクライアントにより、データはローカルで暗号化され、Tresoritのサーバーに送信され、暗号化されたまま維持されます。ファイルを保存だけでなく、Tresoritでデバイス間でそれらを同期させることができます。 パソコンの同期クライエントはWindows、MacOS、Linuxが利用可能です。Tresoritは素晴らしいファイル共有オプション、ファイルのバーション管理、および同期機能を提供しています。

Tresoritの長所は以下通りです。

①高い安全性

②Windows、MacOS、Linux、IOS、Androidに対応したネイティブアプリを提供

③ネットワークのドライバのサポート

④豊かなユーザー管理オプション

⑤明確なプライバシーポリシー

⑥複数のサポートのオプション

Tresoritの短所は以下通りです。

①価格が高い

②ブロックレベルの同期ができません

③セキュリティに若干の制限があります

Icedrive

Icedriveは、ユーザーフレンドリーなデザインと強力なセキュリティおよびプライバシー機能、特にゼロ知識暗号化の実装が自慢の新しいクラウドストレージサービスです。

Icedriveは月額プラン、年間プラン、Lifetimeプランを用意しています。150GBで年間$19.99、1TBで年間$49.99、または3TB(一回払い$499)、10TB(一回払い$999)の生涯プランが用意されています。分かりやすいインターフェースと使いやすいアプリ、セキュリティとプライバシーの重視により、最高のクラウドストレージサービスプロバイダーとなる大きな可能性があります。

しかし、クラウドストレージの重要な機能はまだ不足しており、2023年のトップクラウドストレージプロバイダーのリストには素晴らしい代替製品があります。若い会社であることは、ユーザーは最高水準を満たしながら、将来的にもっと多くの機能をもたらすことをIceDriveが約束しました。しかし、今すぐにでも完全なサービスを求めているであれば、pCloudやDropBoxなど、より優れた代替サービスを確認することをお勧めします。

iDrive

クラウドストレージが人々の日常生活やデジタルライフにおいて、重要な役割になりました。どのような仕事であっても、あらゆるデバイスから書類に早くアクセスすることは、チーム管理やファイル共有のための厳格な基準になっています。

iDriveは、バックアップ、同期、共有、あらゆるデバイスからのアクセスなど、様々な機能を提供するクラウドストレージサービスです。多くのバックアップ機能を備えていますので、オンラインバックアップを行う必要があるユーザー向けです。競合他社と比べると、とてもリーズナブル価格です。無料な10TBのストレージも提供し、必要なストレージに応じて複数の有料のプランも用意されています。例えば、2TBの個人アカウントは年間で$59.62です。又は、10TB のプランは年間で $74.62 です。

特筆すべき重要な違いは無料なプランに含むiDriveのすべてのバーションで、ファイルを外付け、又は、ネットワークドライブにローカルバックアップすることができる点です。多くのサービスではローカルバックアップが提供されていません。

iDriveはクラウドストレージとオンラインバックアップサービスを交えて、多くの素晴らしい機能を他社に比べると、リーズナブルな価格で提供されています。しかし、月額プランがなし、インターフェイスがあまり使い安くないし、さらにアップロードとダウンロードスピードは市場で得られるものの中では最高とは言えません。他社のサービスでは、すでに主要なOSのほとんどが対応されていますが、iDriveがLinuxしかサポートされていません。さらに、日本語も対応されていません。

iDriveの長所は以下通りです。

①一つのアカウントでデバイス数無制限

②無料なローカルバックアップ

③完全な暗号化

④高速なアップロード速度

⑤ディスクイメージバックアップ

iDriveの短所は以下通りです。

①ストレージ無限定ではありません。

②Linuxのサポートが限定的

③ディスクイメージの完全バックアップはWindowのみ

OneDrive

MicrosoftのDropBox代替品でるOneDriveは、Microsoft365を使用している方にとって素晴らしいサービスですが、それ以外の方にとって中途半端なクラウドストレージしかありません。MicrosoftのOneDriveはMicrosoftアプリを使用している方にとって当然クラウドストレージです。Office、Skype、OneNote、Outlookなど、様々なサービスがシームレスでOneDriveに纏めています。ベーシックのアカウントは5GB無料なストレージのみを提供し、他社のクラウドストレージプロバイダーは少なくとも2倍のストレージを提供されています。

OneDriveは高速なパフォーマンスと豊かな機能を備えており、企業におけるビジネスニーズに対応したアプリと併用が非常に便利です。OneDriveを業務で使用している方の数は、平均的なクラウドストレージユーザーより多いです。

MicrosoftのOneDriveは高速な性能と幅広い機能を提供するにも関わらず、プライバシーの点では大きな欠点があります。OneDriveにゼロナレッジ暗号化がないため、不要なアクセスに対して脆弱性です。ファイルは暗号化によって保護されていますが、ゼロナレッジ暗号化がないため、Microsoftが適切と判断したときにユーザーのデータにアクセスし、共有することができます。
MicrosoftのOneDriveはWindow10に組み込まれているため、Windowsユーザーにとって当然のクラウドストレージと思われます。しかし、無料なプランは5GBしか提供されていません。人によって、それが十分ですが、この点では前の4つのサービスが好きだと言えます。
OneDriveはMicrosoft365のユーザーに1TBの容量を提供しています。価格は
月額1.99ドルで200GBのストレージ
月額3.99ドルで400GBのストレージ
月額5.99ドルで600GBのストレージ
月額7.99ドルで800GBのストレージ
月額9.99ドルで1TBのストレージ
となります。
プレミアムの全機能を含む1TBのストレージを年額69ドルで利用できます。
注:Office365のサブスクリプションを持っていない場合は、Microsoftは同じ月額1.99ドルで50GBのストレージプランを100Gbに増やすこともできます。
OneDriveの長所は以下通りです。

①優れたインターフェイス

②Android、IOS、MacOS、Windowsに対応されています。

③WindowsおよびMicrosoft365との統合性が高い

④強力なオンライン写真プレゼンテーションと管理

⑤強力なファイル共有と共同編集

OneDriveの短所は以下通りです。

①競合他社に比べると、無料なストレージは少ない

②ドライブ上での全てのフォルダをバックアップすることができません。

SpiderOak

SpiderOak ONEはもっとも安全なクラウドストレージであるかもしれませんが、スピードと使いやすさに関して、弱点があります。プライバシーとセキュリティをを重視しているストレージです。もしこれらは最も大事なものであれば、SpiderOak ONEとpCloudが最も適切な選択肢です。

オンラインバックアップのなら、最適で、同期や共有などの機能も備えています。しかし、SpiderOakは150GBプランは年間69ドルで、5TBプランは年間$320で、他社と比べると、少し割高です。もう一つの欠点は無料なプランがなく、21日間の無料トライアルのみ提供しています。

SpiderOakの長所は以下通りです。

①強力なプライバシー機能

②一つのアカウントあたりのパソコン台数に制限がなし

③優れたバーション管理機能

④ファイル共有とフォルダの同期オプションが含めています

⑤デザイン性の高くて、完全機能のデスクトップアプリケーション

SpiderOakの短所は以下通りです。

webログイン時の多要素認証のオプションがなし

携帯アプリの提供は終了

Mega

Megaはニュージーランドを拠点とし、2013年に有名な起業家であるキム・ドットコムが設立されましたが、現在、ドットコム様がMegaに関与していません。素晴らしいセキュリティとスピードを提供していますが、ファイルを共有する時に軽微なバグが受ける可能性があります。Megaがセキュリティとプライバシーを重視しているため、コラボレーション機能が不足し、Google Docsなどのサードパーティアプリとの統合が利用できません。クラウドベースのファイルを他の人と一緒に作業する必要がある場合は、Googleドライブの方が良いかもしれません。

ベーシック無料なプランは20GB大容量のストレージとなります。無料なクラウドストレージを探しの方に最適と思われますが、これでも足りない場合は、400GBストレージを€49.99 /年で購入でき、2TBを€99.99 /年を購入でき、8TB を199 € /年で購入できます。

Megaが他のクラウドサービスプロバイダーと異なる点は、ネイティブなセキュアチャットです。

クラウドストレージは世界中のチームの自由と利便性を解放するものだと思われていますが、Megaがこの点に大きく遅れをとっており、リモートワークにおけるクラウドストレージの最も便利な時期には一歩後退しています。この点では、ここ数年、他のプロバイダーが急成長しています。Megaはプライバシーとセキュリティを重視しているため、ほとんど準備的、又は、、一般的なコラボレーション機能や、Google Docsなどのサードパーティアプリとの統合が無効になっています。クラウドに保存したファイルで他の人と一緒に作業する必要がある場合は、Google ドライブの方が良い選択肢かもしれません。しかし、チームワークのための手段が制限されていることにに満足できず、セキュリティの厳しさで妥協したいと考えているユーザーもいるかもしれません。

Megaの長所は以下通りです。

①ゼロナレッジの暗号化

②暗号化された共有リンク

③大容量の無量なストレージ

④メディアとドキュメントのプレビュー

⑤安全のチャット

Megaの短所は以下通りです。

①有料なプランの価格が高い

②コラボレーションには不向き

③基本的なビジネスサポート

④追加アプリに制限があります

⑤セキュリティによる高速制限

Box.com

Box.comは、様々な機能と統合を提供するクラウドストレージサービスです。Google Workspace、Office 365、Slackとの統合機能が組み込まれて、これらはBoxのインターフェイスで直接機能します。また、Boxアプリ内のメモを他の人と共同作業できるBox Notesやタスクマネージャーも搭載されています。しかし、多くの機能は有料のアドオンやサードパーティとの統合によって提供されます。

無料なプランは10GBのストレージですが、Boxが無料アカウントではファイルを250MBに制限し、ファイルのバーションは一つだけです。有料プランは100GBで月額€12(または年間€108)からですが、アップロードファイルサイズの制限(5GB)やファイルのバージョン数の制限もあります。Box.comは、個人ユーザー向けのクラウドストレージサービスとしては、最も高価なサービスの1つです。

Box

Boxの長所は下通りです。

①デスクトップソフトウェアでファイルを開くことができる柔軟なWebアプリケーション

②1500以上ののアプリケーションの統合

③オフラインでの同期が対応

Boxの短所は下通りです。

①ストレージの容量が大きい割に価格が高い

②ファイルサイズのの上限が低い

③デスクトップ同期アプリの場所をを設定することができません

④無料なプランでは、一つのファイルバーションとファイルサイズに制限があります。

まとめ

一つのサービスで全てを含むことができません。クラウドストレージプロバイダーの主な機能と焦点に基づき、常にメリットとデメリットがあります。全てはユーザーのニーズによって選べる必要があります。2023年にクラウドストレージプロバイダーは数多くあり、それぞれが独自の機能と料金プランを持っています。様々なクラウドストレージから選択できます。Google DriveやOneDriveのように、優れたコラボレーション機能や他のサービスとの統合を提供するプロバイダーもありますが、プライバシーという点では最良とは言えないかもしれません。pCloudやIcedriveのような他のプロバイダーは、機能とセキュリティのバランスがとれています。最終的に、人々にとって最適なクラウドストレージプロバイダーは、各人の特定のニーズと予算によって異なります。様々な選択肢を調査し、比較した上で決定し、選んだプロバイダが要求するレベルのセキュリティとプライバシーを提供しているかどうかを確認することが大事です。

最適なクラウドストレージプロバイダー

プロバイダー格付け無料ストレージプレミアムプラン ファイルサイズ制限ストレージの制限ファイルの修復
アプリ
pCloud⭑⭑⭑⭑⭑ 10 GB
500GBで月額4.99 €

Lifetimeの2TBで399 €
Lifetimeの10TBで1190 €
16 TBWindows, MacOS, iOS, Android, Linux
Dropbox⭑⭑⭑⭑⭒ 2 GB2 TBで月額11.99 €
2 TBで年間 119.98 €
2 TB3 TBWindows, MacOS, iOS, Android, Linux
Google Drive⭑⭑⭑⭑⭒ 15 GB2 TB で月額9.99 €
年間99.99 €
5 TB30 TBWindows, MacOS, iOS, Android
Tresorit⭑⭑⭑⭒⭒ 1 TBで月額11.99 €
年間119.88 €
10 GB4 TBWindows, MacOS, iOS, Android, Linux
Icedrive⭑⭑⭑⭒⭒ 10 GB150 GBで年間$19.99
lifetimeの3 TB で $499
lifetimeの10 TBで$999
-10 TB-Windows, MacOS, iOS, Android, Linux
IDrive⭑⭑⭒⭒⭒
10 GB2 TBで年間$59.62
10 TBで年間 $74.62
10 GB20 TBWindows, MacOS, iOS, Android
One Drive⭑⭑⭒⭒⭒5 GB1 TBで年間 69 €250 GB1 TBWindows, MacOS, iOS, Android
SpiderOak⭑⭑⭒⭒⭒-150 GBで月額$6;
年間$69
5 TBで$29月額;
年間 $320
10 GB5 TBWindows, MacOS, Linux
Mega⭑⭑⭒⭒⭒20 GB400 GBで月額4.99 €;
年間49.99 €
2 TBで月額9.99 €;
年間99.99 €
16 TBWindows, MacOS, iOS, Android, Linux
Box⭑⭑⭒⭒⭒10 GB100 GBで月額12 €
年間108 €
2 GB100 GBWindows, MacOS, iOS, Android